まつげエクステ&まつげパーマ|beautedeAntos|埼玉・大宮

埼玉県(大宮)のまつげエクステ・まつげパーマ(まつげカール)専門店

40代のまつげエクステ

一重まぶたを印象的な目元へ
年齢とともにまぶたの下垂症状が始まり、まつげも勢いが低下してきます

アイシャドウやアイライン、ビューラーでまつげを上げて、マスカラをつけて・・・、

と以前とメイクの方法は変えていないのに、なんだか目元がぼんやりしてしまうという経験はありませんか。
40代の女性に多いのが、「アイメイクをしても目ヂカラが出にくくなった」というお悩みです。
眠そうな目元は、元気がなさそうに見えるばかりでなく、老け顔にも見えてしまいます。
アントスのまつげエクステは、このような悩みに対しても効果的です。

飾り枠

まぶたの下垂症状

40代の女性が目元に悩みを持つ理由は大きく2つあります。ひとつは、年齢とともにまぶたが下がってたるんでくるという症状に対してです。かなり大きく下がってくる症状は「眼瞼下垂(ガンケンカスイ)」と呼びます。40代では、まだ実際には眼瞼下垂と呼べるほど、まぶたがたるむ方はいませんが、30代に比べるとまぶたが重く感じたり、二重の溝が幾重にも重なったり、アイラインやアイシャドウが塗りにくいと感じる人が増えてきます。これは、加齢に伴い、まぶたを持ち上げる腱が弱くなり、徐々にたるみが起こってくるからです。

まぶたのたるみは年齢とともに起こることですが、目をこする癖があったり、コンタクトなどでまぶたを引っ張る癖がある人は、まぶたの拳筋の結合が緩んで、まぶたの皮膚がたるみやすく、ぼんやりとした目元になる原因に繋がることがあるので、注意が必要です。

まつげの変化

40代の目元のお悩みのふたつめはまつげそのものの弱りです。髪が、加齢とともにヘアサイクル(生え変わる周期)が遅くなると、毛量が少なくなったり、髪が細くなって根元に勢いがなくなるなどの変化が現れますが、まつげにも同じことが起こります。40代になると、まつげの生え変わりが遅くなるために、まつげが細く、まばらな感じが目立ってきます。まつげにハリコシがなくなってきますので、ビューラーで上がりにくくなり、さらに強い負担をかけて無理に上げようとされる方が増えます。また、20〜30代の頃と同じようなアイメイクをし続けると、まつげやまぶたに負担がかかり過ぎて、さらにまつげの勢いは低下してしまいます。特に、40代になって、初めてまつげエクステやつけまつげを始める方は、ぼんやりした目元をなんとかしたいという思いが強い傾向にあるため、現状にあったまつげメイクを行うことが大切です。

そのままの状態にしておくと

現在、先述したような症状がご自身に起こっていなくても、これから先、眼瞼下垂などの症状が具体的に出る可能性があります。一度下がってしまったまぶたは、残念ながらスキンケアでもとに戻すことは困難です。もし、今、まぶたやまつげに負担がかかる生活をしていて、それを繰り返していくと、本格的な眼瞼下垂になる時期を早めてしまうことになるかもしれません。年齢とともにまぶたが次第にたるむのは誰にでも起こることですが、その進行を過度に進めないことが、若々しい表情を保つために大事なことなのです。

アントスのまつげエクステはエイジングに特化しています

アントスのまつげエクステは、眼瞼下垂をはじめとするまつげの変化に合わせて、効果的に演出することができます。まずはご自身の症状について理解することが大切ですが、原因や対処法が分からない方のために、カウンセリングで目元の状態を拝見させていただいています。また、普段のアイメイクだけでなく、スキンケアのしかたなどもお聞きし、なるべく理想の仕上がりに近づけつつ、目元に負担がないようなエクステデザインのご提案をさせていただいています。40代は多くの女性誌でも取り上げられているように、本格的なエイジングケアが必要な年代の始まりです。エクステの種類も、お悩みに合わせて、シングルラッシュ(まつげ1本に1本のエクステを装着する従来の技法)、ボリュームラッシュ(まつげ1本に複数本の超極細エクステを装着する技法)、フラットラッシュ(まつげ1本に超軽量タイプのエクステ1本を装着する最新技法)などをお選びいただけます。

女性から好印象のメイク

40代は異性より同性を意識したメイクを心がける女性が増える年代でもあります。女性から好印象のメイクは、素肌感を大切にしつつ、盛り過ぎないことです。小じわやシミをうまく隠して、さりげなくトレンドを取り入れ、自分らしさも出せているメイクは同年代の女性の憧れです。40代になると容姿の衰えが気になり、初めてまつげエクステにトライされる方も増えます。一口にまつげエクステと言っても、トレンドはもちろん、年代別に似合うデザインが違います。40代はつけまつげのような黒々しいエクステより、透け感のある毛先が繊細なエクステがお勧めです。

まつげエクステはアイライン効果や目元を引き締める効果などもありますので、アイメイクに自信がなくなった方にも喜ばれています。やや細めで短めのエクステを自まつげのように装着していくと、自然で上品な印象に仕上がります。

ちょっとした買い物へ行くときのプチメイク

夕食の買い物やお子様の送り迎えに行くだけにお化粧するのは少し面倒だとお感じになったことはありませんか。ノーメイクのときに限って知人に会ってしまって、後悔するものです。そんな日常に活躍してくれるのがまつげエクステです。ナチュラルに仕上げるのでしたら、本数は120本程度で、細めで短めのエクステを使ったデザインがお勧めです。エクステのカールは、ビューラーで少し上げたくらいでしたらCカール、長さを少し出す程度でしたらJカールが最適です。

まつげの隙間が気になり始めている方は、まつげとまぶたに負担の少ないボリュームラッシュがお勧めです。まつげの隙間が自然に埋まり、自まつげが増えたような仕上がりですので、日常的なアイメイクのひとつとして最適です。

親子で出かけるときの大人女性メイク

お子様と外出するとき、張り切って若々しいメイクをしていませんか。年相応でないメイクはお子様にとって恥ずかしいものです。ベースメイクやアイメイクは厚塗り感を出さず、透明感が出るようにすると、自然に若々しさが演出できます。目元は自まつげと同じか、やや長めのエクステを選ぶと、お子様にも好感度が高いようです。40代になると、まつげの長さにばらつきが出てきたり、目尻の皮膚がたるんできて、まつげが短く見えるようになりますので、目がしっかり開き、形よく見えるようなデザインがお勧めです。

また、まつげエクステ対応のリキッドアイライナーを使って、目尻のラインのみを少し長めに引くだけで、キリッとしたお出かけメイクになります。さらに、エクステ対応のまつげ美容液の中でも、日中用の黒いタイプのものを使用すると、エクステに負担をかけず、黒々とした目元に早変わりできます。

  • まつげエクステ
  • まつげカール
  • ブライダルメニュー

ご予約

採用情報

コンテンツ
  • 施術ポリシー
  • サロン情報
  • ギャラリー
  • サロンオーナー挨拶
  • 選べるAntosクオリティ
  • サロンブログ
  • オーナーブログ
  • スクールサイト

PAGE TOP