まつげエクステ&まつげパーマ|beautedeAntos|埼玉・大宮

埼玉県(大宮)のまつげエクステ・まつげパーマ(まつげカール)専門店

奥二重まぶたの魅力を引き出す方法

奥二重まぶたの魅力を引き出す方法

日本人女性に多いと言われている奥二重まぶたの目は、
二重の線はあるのに、まぶたに見え隠れして、ぱっちり二重の印象にはなりません。


まぶたが重く、鋭い目つきに見られてしまったり、
まつげが下がっていて、目が小さく見えてしまう。
そんな声をよく耳にします。


奥二重の方は上まぶたが目に覆いかぶさってしまい、
まつげやアイシャドウが埋まって、アイメイクが上手くいかないこともあります。
そんな奥二重の方におすすめしたいのが、まつげエクステやまつげカールです。


しかし、奥二重の方は、まつげエクステやまつげカールを試してみたけど、
思ったような仕上がりにならなかった方も多いようです。
では、どんなデザインを選ぶとよいのでしょうか。


奥二重まぶたの方に、最適なまつげエクステとまつげカールをアントスがご案内いたします。

飾り枠

奥二重まぶたとは

奥二重

まぶたを持ち上げる筋肉の位置が少しズレていて、とても狭い二重のラインになっている状態のまぶたのことを「奥二重まぶた」といいます。奥二重まぶたの方は自まつげが下がっていることが多いため、まつげで白目部分が隠れてしまい、目が小さく見えてしまうことがあります。

ですが、まぶたでまつげが隠れているので、まつげがダメージを受けづらいというメリットもあります。まつげがダメージを受けにくいおかげで、意外に長いまつげをお持ちの方が多いのも奥二重まぶたの方の特徴です。

奥二重まぶたの魅力

実は憧れの女優さんにも多い奥二重ですが、その魅力はどこにあるのでしょう。

奥二重まぶたの魅力奥二重まぶたの魅力

1クールで知的な印象

切れ長で涼しげな奥二重まぶたは、清潔で堅実な印象を与えます。笑うと一気に表情が変わり、笑顔のインパクトが大きいのも奥二重まぶたの方の特長です。また、奥二重の方は「年齢を感じさせない」と言われています。二重まぶたの方は、加齢とともに二重の幅がつぶれていくのに対して、奥二重の方はたるみが少なく、年齢を重ねてもあまり変わったように見えないからです。

2優しくて可愛らしい印象

奥二重まぶたの中でも丸みのある目の方は、二重まぶたほどのきつさがないため、ほんわかした印象になります。黒目が大きい方やたれ目の方は、奥二重まぶたでも可愛く見えます。奥二重まぶたの方は、二重まぶたの方よりシワが出にくいため、年を取っても可愛らしいままの方が多いのです。「変わらないね」と言われるのは、大抵、奥二重まぶたの方です。

3ミステリアスで大人っぽい印象

奥二重まぶたの方は見る角度を変えると、一重まぶたに見えたり、二重まぶたに見えたりします。その時々で印象が違い、幾つもの表情を見せてくれるので、独特で神秘的な存在感を放ちます。実力派と言われる女優に奥二重まぶたの方が多いのもうなづけます。若い頃は大人っぽく見え、年を取っても老けにくい奥二重は、一重まぶたと二重まぶたのいいとこ取りをしているのかもしれません。

奥二重まぶたの方は二重の作られ方が多様であることから、お悩みの種類も多様です。デザイン力と技術力に定評のあるアントスで、奥二重まぶたならではの神秘的な魅力をぜひ発見してください。

まつげが長い方はまつげカールがおすすめです

奥二重の方は、まつげが上がりにくい場合があります。アントスでは、エクステとカールのどちらを選ばれても、まつげをしっかり上げることが可能ですが、よりまつげを上げて、生え際をすっきり見せたいということでしたら、まつげカールの方がお勧めです。

また、まつげエクステはまつげが短めで少なめの方に向いている施術方法ですので、まつげが長めで多い方は、まつげカールの方が目が大きく見せることができます。下まつげにもカールをかけると、目が上下に広がって見えるので、丸い目元に見えやすくなります。また、伏し目にしたときやマスカラを塗ったときに、雰囲気のある横顔になります。

しかし、まつげカールは、カール剤によって、まつげの構造を変えていく施術になりますので、まつげエクステに比べてダメージが大きいのが特徴です。まつげエクステのようにまつげの根元に負担はかかりませんが、今生えているまつげには確実にダメージが出ますので、施術の際にはサロントリートメント やコーティング、ご自宅ではまつげ美容液などでしっかりケアをされることをお勧めいたします。

アントスでは、まつげエクステかまつげカールかで迷うわれるようでしたら、カウンセリングで、まつげの状態を確認しながら、メニューをお選びいただくことが可能です。どうぞお気軽にご相談ください。

まつげエクステならこんなデザインがおすすめです

奥二重まぶたの方がまつげエクステをされる場合、やや短めのエクステをつけて、毛先の黒い部分が根元にたまるようにして、アイライン効果を出すデザインがお勧めです。

長いエクステをつけても、必ずしも目が大きく見えるわけではありません。逆に、エクステの重みでまつげが下がってしまって、目が小さく見えてしまうことがあります。逆まつげや下がりまつげの方は、まつげを根元から持ち上げてエクステを装着するアントスオリジナルの「リフトアップ&エクステ」をお勧めいたします。

また、目を閉じたときにまつげが濃過ぎないように、アントスでは、まつげの先端が自然に透けるようにデザインしています。不自然で、やり過ぎた感じはありません。より自然な仕上がりをご希望されるのでしたら、上まつげだけにエクステをつけるより、下まつげにもつけた方がバランスが取れます。

黒目がちに見せるコツ

目の幅が広く、肉薄の奥二重まぶたの方がまつげエクステをつけると、比較的目頭から目尻まで均一の濃さでエクステが見えやすくなります。黒目の上をやや長めにし、目頭と目尻はキュッと短めにすると黒目がちの目元になります。

控えめなデザインがお好きな方は、細めで短めのエクステを選ばれると失敗しません。細めのエクステでも120本以上入れると、マスカラをさっと塗ったような仕上がりになり、横顔もとても自然です。

アイホールの深さよりエクステの方が長いデザインにしてしまうと不自然に見えますので、開眼時だけでなく閉眼時の見え方も考慮して、デザインをご提案しています。

グラデーションカールで優しい目元に

やや上がり目気味の末広がり型の奥二重の方は、目元がきつく見えやすい傾向にありますが、目尻にかけてカール感が緩やかになっていくグラデーションにすることで、優しい目元の印象にすることができます。

下まつげは目尻が絡み合わないように、また目と口との距離を縮めるために、黒目の下付近中心につけるのがお勧めです。

奥二重の方は二重が安定せず、毎日違う目の形になってしまったり、左右差が大きかったりすることもありますので、一重まぶたの方以上にお悩みがあるようです。まぶたのお悩みは、左右差軽減が得意なアントスにおまかせください。
  • まつげエクステ
  • まつげカール
  • ブライダルメニュー

ご予約

採用情報

コンテンツ
  • 施術ポリシー
  • サロン情報
  • ギャラリー
  • サロンオーナー挨拶
  • 選べるAntosクオリティ
  • サロンブログ
  • オーナーブログ
  • スクールサイト

PAGE TOP