【ティント眉】下がり眉&困り眉で損していませんか

2019_9_4佐藤祐子様1_360

 

生まれつき、眉が下がっている方は意外と多く、大抵の場合、それがお悩みになっています。下がり眉や困り眉は、よく言えば「癒し系」ですが、そうでなく言えば「頼りない人」に思われてしまっているかもしれません(涙)。

 

下がり眉や困り眉の方は、よく使う眉丘筋の位置が眉頭であることが多いため、誰かと話したり笑ったりして表情が動くと、さらに眉尻が下がってしまうことが多いのです。

 

 

2019_9_4佐藤祐子様2_360
アントスには「下がり眉や困り眉を改善したい」というお客様がたくさん来られますが、眉をやや上昇気味にデザインしていく際には、目と眉が離れ過ぎないようにすることと、眉尻など眉がない部分がなるべくできないように気をつけています。

 

加齢と共に、眼瞼の皮膚が伸びていき、目と眉が離れていく方が多いので、20~30代の若い頃から目と眉をあまり離さない方が良いと考えているからです。

 

2019_9_4佐藤祐子様3_360

 
また、ご自身で眉を再現しやすいようなデザインであることも心掛けています。そもそも、自分で眉のコンプレックスを改善できたり、自由自在にデザインできたりしたら、アントスにお越しにならないですものね。

 

眉メニューでダントツ人気があるのは、やはり消えにくいティント眉にされるお客様がほとんどですが、ご自宅でもきちんとティントがお使いいただけるよう、詳しくご案内させていただいています。

 

2019_9_4佐藤祐子様4_360

 
眉はほんの数ミリ変えるだけで、印象がガラリと変わります。どんな眉にしてみたいのか分からない方は、漠然としたイメージのままでご来店されても、大丈夫です。

 

カウンセリングでお客様のお悩みや潜在的なご希望、メイクテクニックなどを考慮して、ぴったりの眉をご提案させていただきます。

 

o0360024014251800076

 

まだ、アントスの眉スタイリングをお試しになっていない方は、ぜひ1度トライしてみてくださいね。

 

埼玉県さいたま市大宮駅東口徒歩2分「まつげ&眉の総合専門店アントス」でした♪

 

<よく読まれている関連記事>

【アイブロウ】眉迷子になってしまう理由

【アイブロウスタイリング】眉尻を変えると大人の美人眉になります

【脱・困り眉】目と眉を離して一気に大人の美人眉へ

 

word_bnr

 

top_reserve