【美眉スタイリング】眉尻は小顔の決め手なんです

2019_4_19佐藤咲子様3_360

眉を描くときに、正面から見たデザインばかりを気にしがちですが、他人から見た自分は正面だけということはほぼありません。むしろ、伏し目や横顔の時の方が頻繁に見られていることの方が多いです。

 

眉を描くときの難しさは、「眉山の決め方」「眉頭のぼかし方」などもありますが、「眉尻の処理の仕方」も難しいとおっしゃるお客様が多いです。眉尻以外の眉はパウダーのみで描いてもなんとなく決まりますが、眉尻だけはきちんとペンシルで描くことをお勧めいたします。

 

2019_6_24阿久津襟香様3_360

横顔の洗練度が全く違うからです。もちろん、まつげにパーマやエクステを施すと、横顔が違って見えますが、眉だけ無造作のままだったら、逆に悪目立ちしてしまいます(涙)。

 

前髪で隠していても、ちゃんと隠れていると思い込んでいるのは自分だけで、ふとした動きのときの前髪の隙間からボサッとした眉尻が見えてしまうことはよくあります。

 

2019_9_23荒木麻未様3_360

 

写真のように、眉尻の終わらせ方で、顔の大きさもかなり違って見えますので、小顔効果は正面からだけでなく、横顔も重要なのです。

 

小顔効果を出すためには、顔の各パーツの距離を縮めると良いのですが、これは若見えの秘訣でもあります。

2019_9_6松尾晶子様2_360

 

アントスの眉スタイリングは、眉のメイクの仕方までお伝えしていますので、お客様には手鏡をご覧になっていただきながら、どのようにパウダーやペンシル、眉マスカラ、シェーディング、ハイライトなどを入れていったらよいか、覚えていただけます。

 

これからマフラーやストールを巻くことが多くなりますので、顔が大きく見えがちになります。眉尻をきちんと処理して、小顔効果を出してくださいね。

 

埼玉県さいたま市大宮駅東口徒歩2分「まつげ&眉の総合専門店アントス」でした。

 

<よく読まれている関連記事>

【40代以上】脱かもめ眉&茶ボリュームラッシュで若見え

【上質時短美容】眉ティント&フラットラッシュで彫深顔に大変身

【アイブロウ】あなたの神眉を見つけましょう

 

word_bnr

 

top_reserve