【マツエク】夏にまつげのダメージを進行させないデザイン

ボリュームラッシュ アントス 大宮

 

今年の夏も暑くなりそうですね。マスクを着用するとなれば、一層暑さを感じますし、マスクの蒸気が立ち上って目元を直撃することを考えれば、やはり脱ビューラー&マスカラ、まつげエクステの出番です。

 

お客様から「まつげカールとエクステではどちらが傷みますか」と聞かれることが多いですが、まつげの内部構造そのものを化学変化させるという観点から見ると、ダメージがあるのはまつげカールです。

 

 

ですが、まつげエクステも、自まつげに対して太過ぎたり長過ぎたりするものを付けると、まつげの毛根にダメージを与えます。

 

また、暑い時期には、汗や紫外線が原因でエクステが取れやすくなる方が増えますので、全体的に短めのエクステをつけることをお勧めします。

 

o0360027013472884308

 

夏は汗による塩害、紫外線や冷房による乾燥などでまつげも弱りがちですので、無理のないデザインにすることが大切です。ですが、せっかくつけたエクステが物足りないと感じてしまうのも残念ですよね。

 

「まつげも傷ませたくないけど、目元の濃さは自然に出したい」という方は、ボリュームラッシュにしたり、下まつげを一緒につけたりするなど、目元が薄くなり過ぎないようにするといいですよ。

 

2020.3.19大島順子様①360

 

 涼しくなった頃にまつげが細く、短く、少なくなったりしないように、夏は盛るよりダメージを抑えるのを優先させる方がいいかもしれません。

 

長いエクステをつけなくても、日本人特有の下がり気味のまつげをパーマなしで持ちげながらエクステをつけていくリフトアップ&エクステを行えば、今までより1〜2ミリ程度エクステを短くしても見た目の長さは変わりません。

 

o0360072014121674658

 

まつげが根本から一定に揃って上がりますので、洗練度もアップしますし、持ちも劇的によくなる方がほとんどです。

 

夏にマスクは辛いですが、今の状況では致し方ありませんので、鏡を見るたびに気分が上がるような目元で過ごすのもコロナを乗り切るひとつの方法ではないでしょうか。

 

大切なまつげが傷まないようにするためのご相談は随時承っていますので、カウンセリングで遠慮なくご相談くださいね。

埼玉県さいたま市大宮駅東口徒歩2分「まつげ&眉の総合専門店アントス」でした。

 

<よく読まれている関連記事>

【まつエク】初めてさんの後悔しない自然なデザイン

【まつげエクステ】リペアに行けない時のお勧めデザイン

【マツエク】ナチュラルなデザインがお好きな方へ

 

word_bnr

 

top_reserve