恋活

結婚まではまだ考えていないし、単純に、「恋愛がしたい」「彼氏が欲しい」と考えているだけなのに、なかなか恋活がうまくいかない原因は実はアイメイクにあるかもしれません。

華やかメイクは女性からの支持を受けますが、男性が好きなのはナチュラルメイクの女性だということをご存じでしょうか。

せっかく意中の男性に出会ったのに、男性が考える「ナチュラルのレベル」を超えてしまったとき、実は、一気に恋愛の対象外になってしまっているのです。そして、もしかしたら、その先にあったかもしれない結婚の可能性もなくなってしまっているのかもしれません。

男性が「彼女にしたい」とつい惹かれてしまう目元とは、どんな特徴があるのでしょうか。

飾り枠

男性が苦手な目元のイメージとは

男性受けの悪いアイメイクの代表は、メイクが濃くて「清潔感がない」、「すっぴんが違ってそう」か、もしくは、メイクしなさ過ぎて、「女性らしさが感じられない」と思われる点だそうです。

女性も恋愛対象の男性に対しては、「清潔感」や「男性らしさ」などを求める傾向にありますので、双方とも似ているところがありますね。

不自然なほどバサバサのまつ毛をしていたり、ギラギラのアイシャドウや太めのアイライナー、左右非対称の不自然に太かったり細かったりする眉など、目元は自然に目に入るからこそ、男性の目も厳しくなります。

自まつ毛かどうか判断できかねるナチュラルなまつ毛エクステに、まつげの隙間をしっかり埋めているけど引いていないように見えるアイライナー、肌馴染みが良くホリ深に見せてくれるベージュ系のアイシャドウ、美人に見せてくれる品の良い左右対称の眉があれば、ほぼ全ての男性から好印象を持たれることは間違いありません。

外見が好みでないと恋愛対象になれない?!

男性は女性の外見が合格ラインだと判定して、はじめて中身にも興味を持ち始めます。男性の好みの対象にならない場合、どんなに中身がすぐれていても恋愛対象にはなれません。

そうなると、将来の結婚相手になるかもしれないという希望までなくなってしまう可能性があるのです。恋活は婚活と違って、ゴールが結婚ではありませんので、将来を見据えた価値観や経済力、家族構成などより、相手の外見が重要視されても仕方がないのです。

恋活でモテるアイメイクの要素

ナチュラルであること

「素顔とメイクした時との差があまりない人の方がいい」「ナチュラルメイクの方がその人自身のよさが引き立つ」など、多くの男性がナチュラルメイク派の女性を好みます。つまり、今時のメイクは、メイクによって別人に化けるのではなく、自分自身を引き立てるための洋服のような位置付けなのです。洋服は、サイズや色、形、シチュエーションなどが合っていないと、自分自身を引き立てることができませんよね。

目を大きく見せようとするあまり、マスカラを重ね塗りしていたり、つけまつげをしていたり、ビックリ目に見える程ビューラーで上げ過ぎていたりするのは自然には見えません。また流行を追う余り、似合っていない太眉や細眉にしたりするのも、男性には理解ができないそうです。自分自身をよく知り、似合うものをさりげなく身につけている自然体の女性が、男性から恋愛対象として見られているようです。

清潔感があること

清潔感のあるアイメイクとは、「透明感」があることです。透明感を出すためには、必ず光を利用することが必要ですので、ギラギラし過ぎるアイシャドウより光を綺麗に反射するクリームアイシャドウを使用して、まぶたを滑らかに見せるなどのテクニックを使用することをお勧めいたします。

また、まつげにも透明感を出すには、まつげとまつげの間に適度に空間があると、透け感が作れます。マスカラはまつげが束になる程重ね塗りをしないようにしましょう。まつげがひじきのようになってしまったり、まつげの先端に黒いマスカラの固まりが着いてしまっていると清潔には見えません。

さらに、眉を整えていないのも男性から見るとご法度だそうです。女性が男性のヒゲのお手入れに目がいってしまうのと同じのようです。眉周りのムダ毛の処理などができていないのに、眉メイクをしているのは不潔に見えてしまいます。口周りの産毛の処理をしていないのに、上からファンデーションを塗っているのと同じですね。毛の処理に関しては、男性はとても気になる部分だそうですので、眉のお手入れもしっかりしておきましょう。

女性らしいこと

女性らしいアイメイクを考えると難しいかもしれませんが、男性的であることの反対を行けばよいのです。直線的なラインが顔の中にあればある程、男性に近づいていきますので、なるべく曲線的であったり、丸みがあるようなアイメイクを心がければよいのです。

例えば、キリッとした直線的な眉より、緩くアーチの入った弓なりの眉の方が女性らしく見えます。また、目が直線的で目幅が長いより、丸みがあってつぶらな目の方が女性らしく見えます。宝塚歌劇団の男役と女役の違いと言えば、分かりやすいのではないでしょうか。

最近では、目と眉を近づけるようなアイメイクが流行っていますが、実はこのようなメイクの仕方は、男性的に見えやすいのです。女性より男性の方が顔の彫りが深いので、あまり陰影をつけ過ぎないアイメイクの方が女性的に見えやすい場合もあるのです。鼻根が高くて、彫りが深い顔立ちの女性は気をつけた方がよいかもしれません。

恋に強いまつエクデザインは?

恋活用にまつげエクステをされる場合に気をつける点としては、「男性はスッピンに近いナチュラルメイクが好きであること」を念頭に置いておきましょう。もちろん、中には濃いアイメイクを好む男性もいますが少数派です。

まず、自分の目の幅とエクステの本数や太さなどがあっているかどうかが、ナチュラルなまつエクの決め手になってきます。一般的な目幅の女性でしたら、シングルラッシュ(1本のまつげに1本のエクステをつける技法)をつける場合、120本程度が自然な仕上がりになります。目幅が長かったり、目が大きい人は140本以上、目が小さい人は100本程度がベストなケースもあります。ボリュームラッシュ(1本のまつげに複数本の超極細エクステをつける技法)でしたら、240本〜400本くらいの間で選ぶようにしましょう。

エクステの太さは、シングルラッシュの場合は、太くても0.15ミリまでとし、より自まつげに近い感じに仕上げたいのでしたら、0.1ミリや0.12ミリなどがナチュラルに馴染みます。ボリュームラッシュも、0.05〜0.07ミリの太さがありますので、髪や眉などの毛の質感と比べて、違和感がない太さのものを選ぶようにしましょう。頭髪や眉毛が太い方は太めでもよいですが、細い方はやはり細い方がしっくりきます。

エクステの長さは最もアイメイクに影響力を与えますので、1番長い箇所でも11ミリまでにしておくと不自然な目元になりません。これも、目も大きさやアーチ(カーブの強さ)、まぶたの厚みなどによって、まつげの見え方がまるで違ってきますので、じっくりカウンセリングで相談できるまつげサロン選びが重要です。

エクステのカール感は、丸みが感じられるものが女性らしく見えますので、Cカールなどがおすすめです。まつげの生え方やまぶたの厚みによっては、Cカールでもまつげが上がり過ぎてしまったり、逆に全く上がらなかったりしますので、下がりまつげや逆まつげに対応していたり、経験豊富なアイリストが在籍しているサロンを選ぶことが望ましいです。

先述したように、まつげエクステの本数や長さ、太さ、カール感などを考慮して、自分にぴったり合うデザインを決めていきましょう。よりナチュラルに見え、女性らしいまつエクデザインは、目を丸く見せるデザインです。

ですので、全体的に自まつげより1ミリ程度長くするか、黒目の上のまつげを少しだけ長くしたり、下まつげに黒目の下部分が長くなるようなエクステをつけると、自然に目が丸く見えます。下まつげへのエクステは目と口が近づいて見えますので、可愛らしさがアピールできますし、白目も綺麗に見せられます。多くの方が目の形の通りにまつげが生えていますので、目尻だけ長いのは不自然に見えやすいので注意しましょう。

恋活用のまつげエクステの目的は、「より多くの男性から選ばれるため」であることを忘れないようにしましょう。それが、結果的に、自分自身の選択肢を増やすことになるのです。

自信があるなら断然まつげカール!

長くてしっかりしたまつげをされている方は、まつげエクステではなく、まつげカールがおすすめです。まつげカールは自まつげですので、エクステよりは自然な仕上がりになります。デザインは、しっかり上がるまつげより、緩めに上がるデザインにしましょう。緩めカールの方が男性受けがよいのは、正面から見たときに、まつげがまぶたを覆う面積が少ないため、より清潔な印象を与えるからです。

ブラウンやグレーなどのアイシャドウをまぶた全体に伸ばすと、暑化粧に見えてしまう理論と同じですね。女性はとかく、まつげを「より長く見せたい」「より上に上げたい」と考えがちですが、「まつ毛が長いと、目やにとかゴミとかがつきやすくて不潔そう」という男性の意見もあるのです。

目の縁からまつげが上がることは目を大きく見せたり、眠そうに見せないために大切ですが、まつげを上げ過ぎると直線的なラインになってしまい、女性らしく見えません。いわゆる立ち上げ型のデザインはもともと目が丸いなど、女性らしい目の方には問題がありませんが、一重まぶたや二重まぶたでも目幅が長くて目が大きい方には向かないデザインです。大きくカーブを描くような丸みのあるデザインのラウンド型は、正面だけでなく横顔も美しく見えますので、隣に座った男性に女性らしさをアピールすることができます。

また、まつげカールは上まつげだけにかけるのもいいですが、「パーマを自然に見せたい」、「丸い目になりたい」、「白目を綺麗に見せたい」、「小顔に見せたい」などに思われるようでしたら、ぜひ上下でかけることをお勧めいたします。日本人のまつげは上まつげは下向きに、下まつげは上向き、もしくは前方に生えていますので、まつげが上下にしっかり開くだけで、目をパッチリとした印象に見せられます。

気を付けたいのは、まぶたとまつげの相性です。厚めのまぶたの方は、一重や二重に関係なく、まぶたに埋もれない強めのカール感のデザインが似合います。逆にまぶたが薄い方やまつげが長い方は、まつげが上がり過ぎる場合がありますので、ロッドの種類が豊富な専門店を選ぶ必要があります。まつげをしっかり上げることは大抵のサロンでできますが、上げ方の微調整までできるサロンはごくわずかです。細かいオーダーに応えられるサロンを見つけることは、恋活用のアイメイクが成功するために必要なことですので、早めに見つけておきましょう。

さらに、まつげカールは薬剤を使用するため、エクステに比べてまつげにダメージが出てしまいます。自分に似合うカールデザインのスキルを持っているだけでなく、ダメージを最小限に抑えられるような技術力やトリートメントのラインナップも持ち合わせている専門店を選ぶようにしましょう。

恋活用の眉デザインは?

眉のデザインも、男性目線を意識するのなら、まつげ同様、自然で清潔感があり、女性らしいことが重要になってきます。そのためには、こんな風に見られたいというような骨格や性格に合った眉デザインにする必要があります。例えば、困り眉の人は癒し系に見える反面、頼りなさそうな印象を与えますので、仕事先で合う男性からは受けが悪い可能性があります。また、細いアーチ眉の人は大人っぽくて女性らしいですが、年齢より老けて見られているかもしれません。太くて直線的な上がり眉の人は、男性的に見られてしまい、恋愛の対象外にされているかもしれません。上向き、もしくは前方に生えていますので、まつげが上下にしっかり開くだけで、目をパッチリとした印象に見せられます。

自然な眉を描くためには、髪や目との相性がよいデザインを選ぶことです。雰囲気に合っていれば自然に見えます。

眉は第一印象を決める大事なパーツです。眉毛が変わると、表情が変わって見えます。表情が変わると、印象が変わって見えます。印象が変われば、近づいてくる人の種類と人数が変わってきます。どんな男性から選ばれたいのかを明確にして、眉のデザインを決めましょう。

成功体験でますます綺麗に

騙されたと思って、モテデザインのまつエクやまつげカール、眉デザインを試してみてください。男性の対応がいつもと違うことに気付くはずです。男性の自分へのリアクションが変わってくることを日々実感すると、いつもよりおしとやかに行動したくなったり、お化粧が大好きになったり、ボディケアやヘアケアが楽しくなったり、女性らしさに自信がついたりと、心へのプラス効果も得られるのです。

「アイメイクを変えてみた」というたったひとつのきっかけから、どんどん美しく変身し、性格まで変わっていく方は多数います。もしかしたら失敗することもあるかもしれませんが、生まれつきアイメイクが得意な方はいませんし、1度でぴったりのサロン選びができないかもしれません。ですが、何もしなければ現状のままですので、「綺麗に眉が描けた」「エクステが上品だと褒められた」など、毎日の小さな成功体験を積み重ねて、素敵な女性になっていただきたいです。

メイクは「自分のためにするもの」という考えるより、「自分と関わり合ってくれる人のためにするもの」と考えた方が変化してく自分を楽しめますし、自分をていねいに扱われるようになることで、世界が違って見えるようになります。恋愛は相手を通して、新たな自分を発見できる絶好のチャンスです。もしかしたら、一生の伴侶となる相手にも出会えるかもしれません。ぜひ、相手のことを考えた自分らしいアイメイクを手に入れて、恋愛を成就させてください。

  • まつげエクステ
  • まつげカール
  • ブライダルメニュー

ご予約

口コミを見る

採用情報

選べるAntosクオリティ

  • まつげの写真集
  • 施術の流れ
  • スクールサイト
  • オーナーブログ
コンテンツ
  • 施術ポリシー
  • サロン情報
  • メンバーシップ会員特典
  • ギャラリー
  • サロンオーナー挨拶

PAGE TOP