男性のための眉 まつげエクステ まつげパーマ

今、男性の眉毛やまつげのお手入れが注目されています。
男性もメイクによって自身の魅力をアップさせることが当たり前となり、男性用化粧品がヒットする世の中になりました。

少し前から「肌男(ハダオ)」という言葉も聞くようになり、男性でも女性並みのスキンケアが求められるようになりましたが、今は眉をきちんと整えている男性のことを「眉男(マユオ)」、まつげが目に被らないようにパーマでまつげを上げたり、エクステでボリュームアップさせる「まつげ男子」なども出現しています。

男性のメイクを好意的に受け入れる女性も多くなったこともあり、経営者や営業マン、学生などにも、「目ヂカラが増す」、「目が大きく見える」などの理由で、実際に専門サロンで眉やまつげのお手入れをする男性が増えています。

飾り枠

男性のための眉ケア

眉毛のデザインを変えると、お顔の印象は劇的に変わります。ですが、ほとんどの男性は「自分にはどんな眉のデザインが似合うか」をご存知ないのが現状です。眉は、顔の中で比較的自由に形を変化させることのできる数少ないパーツですので、ぜひご自身に似合っていて、印象をアップさせるような眉を手に入れていただきたいものです。

  • 男性とって眉毛メイクは必要?

    男前度を短時間でアップさせたいのでしたらマストです。事実、男性芸能人や男性芸人のデビュー前と後とで、圧倒的に垢抜けているパーツは眉です。
    ですが、実は、理想的なサイズの眉毛を持ち合わせている日本人男性はごくわずかです。大半の人は形の矯正をしたり、足りない部分を補正する方が、自分のベスト眉に近づけられるのです。

眉毛メイクのメリット

  • 眉毛を整えるだけで印象がアップ

    誰でも自分の印象をよくしたいと思っていますよね。顔の印象アップが即図れるのは「眉」です。ボサボサに伸びきった眉や、眉間がつながった眉、太過ぎる眉などは、だらしなく見える場合もあります。また、眉を左右非対称のままにしていると、相手に不安感や警戒心を与えることもあります。整え過ぎて、不自然に角度がついていたり、細い眉も真っ当な感じがしない場合があるので要注意です。眉は整え過ぎていない「自然な仕上がり」であることがとても大事です。

眉は「こう見られたい」を 表現できるパーツ

「眉毛の形なんて、持って生まれたモノだから仕方ない」だなんて諦めていませんか。女性の眉と同様とまでは言えませんが、メンズ眉毛にだってデザインの自由度は十分にあります。自眉のままでは、職業やなりたい雰囲気とミスマッチのこともあります。堅い職業なのに眉尻が下がっていたり、接客業なのに太くてごつい眉になっていたりすると、それだけでマイナスのイメージになります。今は、男性用の眉化粧品も充実していますし、男性を受け入れてくれる眉サロンもありますので、積極的に「なりたい眉」の追求を行っていきましょう。

メンズ眉毛の印象が変わる要素

  • メンズ眉の形
  • 眉の形

    男性の眉の形は大きく分けて、「ストレート眉(平行眉)」「「アングル眉(角度のある眉)」「アーチ眉(湾曲した眉)」の3つに分けられます。

    床に対して平行で直線的なストレート眉を作るのか、または曲線的で弧を描くようなアーチ眉にするのか、眉尻に角度をつけるアングル眉にするのかで、相手に与える印象は大きく変わってきます。

    【ストレート眉】男性的、力強さ
    【アングル眉】男性的、誠実さ
    【アーチ眉】中性的、優雅さ

    眉毛以外の顔のパーツ、つまり目や鼻、唇などを見たときに、自分のなりたい印象、もしくは足りない印象が「男性的や力強さ」でしたら、ストレート眉を選ぶとよいでしょう。逆に、「中性的や優雅さ」を強めたいということでしたら、曲線的なアーチを選ぶと効果的です。

  • メンズ眉の太さ
  • 眉の太さ

    一般的に、眉毛を太くすると男性的で力強い印象を与えます。また、眉毛を細くすると、中性的で優雅なイメージになります。

    【太い眉毛】男性的、力強さ
    【細い眉毛】中性的、優雅さ

    ですが、ここで気をつけなければならないのは、単に眉の太さの調節だけを行ってしまうと、後述する眉と目の位置とのバランスに欠いてしまう可能性があるのです。眉と目が近い方はそれだけで男性的で力強い印象になりますので、さらに眉を太くするといかつい印象になる可能性があります。

    また、眉と目が離れている方が細い眉にすると、中性的というより女性らしい、優雅というより弱々しい印象に見られるかもしれません。バランスのよい眉を手に入れるためにはひとつだけでなく、複数のファクターを考える必要があります。

  • 眉の濃さ

    一口に眉毛が濃いと言っても、原因はひとつではありません。濃い眉は、太い眉同様に、男性的で力強く見えます。また、薄い眉は細い眉のように、中性的で優しいイメージになります。メンズ眉毛の「濃さ」の原因は以下のようなことが挙げられます。

    【眉毛1本1本の太さによる】太いor細い
    【眉毛の密度による】濃いor薄い
    【眉毛の色による】黒or茶系

1本1本の毛が太く、密度も濃く、毛の色も黒い、という方は「非常に濃い」に分類されますので、「かなり男性的で力強い」という印象になります。薄めていくにはこの3つの要素を調整していく必要があります。毛の1本1本の太さを変えるのは難しいですから、眉毛を「短めにカットする」「眉マスカラなどで染色する」ことで「薄い眉毛」を作っていくことができます。濃くしたい場合には、その逆の「隙間をパウダーなどで埋める」「黒く染める」ことで調整することができます。

  • 眉の長さ

    眉毛の長さとは「眉頭から眉尻までの長さ」を指します。一般的には、「目頭の上に眉頭を取り、鼻翼と目尻を結んだ直線の延長上を眉尻とする」のがベストバランスと言われています。

    【短い眉毛】男性的、あどけなさ
    【長い眉毛】中性的、優雅さ

    ですが、イケメンや男前の定義は時代によって変わってきます。一昔前は、眉間が狭く、眉尻が短めの男性的で幼い印象がよしとされましたが、最近では、眉間がやや広く、眉尻が長め、つまり中性的な印象になる眉が男前度と言われています。眉は髪型と同じくらい流行の移り変わりが激しいですので、髪型などにこだわる方は、ぜひ眉も旬のデザインにされることをお勧めいたします。



  • 眉の角度

    メンズ眉毛のデザインは、濃さや長さなどのどれか1つの要素が決まれば、残りは連鎖的に決まるものではありません。ですので、デザインを決める際には慎重に行いましょう。

    【水平な眉毛】優しさ、自然さ
    【上がり眉毛】鋭さ、洗練された感
    【下がり眉毛】穏やか、薄幸そう

    特に、眉の角度は、眉の上下の部分を取ってデザイニングすることが多いので、自己処理を行うと失敗するリスクが高くなります。角度の調整ミスの原因の殆どが「毎日見ているため変化に気が付きにくい」、あるいは鏡を覗き込むときに「無意識に表情を作ってしまう」ため、力を抜いた状態での自分の眉毛の角度を正しく認識できなくなるためです。

    男性の場合、1度失敗すると、眉が生え揃うまで、女性のように眉メイクでしのぐということが難しいですから、ご自身でお手入れされる場合は角度の調整は避けて、眉専門店に相談するか、近くにお店がなければ、失敗してもよいように、最初は眉毛を抜かず、剃るのみに留めておくようにしてください。

    特に、下がり眉の方は、ご自身で、平行眉や上がり眉にしようとすることは非常に困難です。多くの下がり眉の方は眉を描きたす必要がありますので、眉周りの皮膚に染色して眉の形を整えられるティントの取り扱いがある眉専門店でお手入れされるのが失敗しないコツです。一番安全な方法は、デザイン設計や技術面で信頼できるメンズ対応の眉毛サロンで、1ヶ月に1度程度のメンテナンスをされるのが理想的です。

  • 眉間の距離

    眉間の距離を変えるのは少し勇気がいるかもしれませんが、印象を変えるには非常に効果的なお手入れでもあります。特に「眉毛が繋がっている」ような方は、印象として野暮ったい、あるいは気難しく見られがちです。目頭の位置を基準にして、垂直に上げた線より3mm程度を基準点と考えて下さい。それより眉間が狭い場合は確実に損をしていると言えるでしょう。

    【眉間の距離が広い】優しさ、あどけない
    【眉間の距離が近い】力強さ、気難しい

逆に、眉間が離れている方は、優しく、幼い印象になります。眉間を狭めるには、メイクが必要になりますので、眉パウダーやペンシルなどを使用して、自然に埋めていくと男らしさや力強さが加わってきます。眉間の距離を縮めるのは、自己処理では難しい場合が多いので、男性対応の眉専門店でご相談されることをお勧めいたします。皮膚に染色するティントなどの取り扱いができる眉サロンだと、眉間の距離を自然に埋められます。眉毛エクステという方法もありますが、眉毛がないところにはエクステはつけられませんので、ご注意ください。


  • 眉と目の距離

    眉と目の距離とは「眉毛の下のライン」から「目を開けたときの瞳」までの距離を指します。この距離が近い場合と遠い場合とでどのような印象差があるのでしょうか。

    【距離が近い】男性的、力強さ
    【距離が遠い】中性的、親しみやすさ

    一般的に、「イケメン」と言われる男性は、比較的「眉と目の距離が近い」傾向があります。メンズ眉毛の場合、眉と目がより近くなると「彫りが深い」顔立ちとなり、外国人風の顔立ちに印象が近づいていきます(女性の場合は、眉と目の距離を近づ毛ても外国人風とはならず、きつく見えるだけですのでご注意ください)。メンズ眉のデザインを考えるとき、この「眉と目の距離」はとても重要です。それは現状の眉毛の「上下のどちらのラインを活かすか」がポイントになっているためです。

    【眉上のラインを活かす】眉と目の距離は離れる
    【眉下のラインを活かす】眉と目の距離は近づく

また、稀に「どちらのラインを選択しても、理想のデザインとは程遠い」という場合があります。それは「眉丘筋(眉毛を引き上げたときにシワが寄る部分の筋肉:びきゅうきん)」の存在にあります。

眉丘筋が発達している人は、眉毛を動かす癖が強い人や表情豊かな人に見られます。あるいは、普段から、目を見開く癖がある人やしかめ顔をする方、眼瞼の筋肉が弱く、額の筋肉でまぶたの開閉を行う方も発達しやすい傾向にあります。また、眉丘筋が発達している人は、一般的な人に比べて高い位置に筋肉の盛り上がりが出るため、眉毛が釣り上がった印象になっている場合が多いのが特徴です。

この眉丘筋とかけ離れた位置に眉毛を描くと、不自然な印象になりますので、なるべく、眉丘筋の半分くらいは眉がかかる位置に描くようにしましょう。その位置に眉を描くのが難しい場合は、ティントなどで眉のデザインできる眉専門店にお願いするのも失敗しないひとつの方法です。

  • 眉の輪郭

    眉の輪郭とは、眉毛の一番外側のラインのことです。男性の眉において、「自然であること」は大変重要なキーワードです。

    【眉毛の輪郭がぼんやり】自然、不潔感
    【眉毛の輪郭が鮮明】清潔感、不自然

    眉のアウトラインがボサボサだと自然に見えますが、不潔にも見えやすくなります。逆に、時々、眉を女性のようにくっきり描いたような男性がいますが、メンズ眉毛サロンでワックス脱毛をされた方に多いようです。

元々、ワックス脱毛は女性の眉毛のメンテナンス用に発達したものですので、女性のくっきりとした眉毛は「洗練度」を表現するのには最適ですが、メンズ眉毛のメンテナンスでは、アウトラインがくっきりした眉毛は違和感に繋がる可能性があります。あまり、眉のアウトラインを取り過ぎない方がよい場合もあることを覚えておきましょう。

一方で、眉をくっきりさせると、眉周りの皮膚が美しく見えるため、清潔感が出せます。清潔感が何より大事という方をはじめ、髭を生やしている方、ニキビ肌の方、フェイスラインがふっくらしている方などは、くっきりとした眉の方が清潔で、洗練されて見えます。

  • 眉が濃かったり黒々しい方が、眉のラインをくっきりさせると、清潔感を通り越して、不自然に見えやすいので、眉の色を明るめにするとよいです。眉をやや短めにカットしたり、眉マスカラを使用したりするとよいでしょう。

    特に最近はジェンダーレス化が進み、メイクすることに全く抵抗のない男性も増えていますし、世論も寛容です。中性的な美しさやかっこよさを追求するなら、眉毛の輪郭が鮮明なのは十分ありです。

これだけ印象を変えてしまう眉のデザイン。仕事や就職活動、プライベートでも好感度が上がればいい影響がでてくるのではないでしょうか。眉が変われば印象はもちろんですが、人格さえも変わったように見えます。自分のなりたい眉になることは、人生を変える可能性がありますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

男性こそ目ヂカラを。メンズのまつエク需要

美容に関心がある男性は増えていますが、まつげエクステにはまだ抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。「まつげエクステは女性のもの」いうイメージの強いですが、実際に体験された男性からは、「顔の印象を自然に変得ることができ、仕事にもいい影響が出ている」という感想もあります。

メンズのまつげエクステは、女性のようにはっきりと分かるようにつけるものではなく、自まつげをやや太く、長く見せるようにさりげなくつけることで、自然に目を大きくくっきりと見せることが可能になるのです。

女性はメイクで色々とカバーできますが、男性が自然に印象を変えようと思っても、女性よりも手段が限られています。まつげにマスカラやつけまつげを施すよりは、自然にイメージアップを図ることができます。自分でメイクすることができない男性でも、月に1度程度、男性対応のまつげエクステサロンに通うことで、常に印象的な目元を演出することが可能です。

  • 男性がまつエクをつけるメリット

    男性がまつげエクステをつけると、「目ヂカラが増す」、「第一印象が強くなる」、「目が大きく見える」、「実年齢より若く見える」などの利点があります。
    目ヂカラの弱い人と強い人では、見る人への印象が大きく異なります。力強い視線や情熱的で誠実な目元のイメージは、ビジネスでもプライベートでも印象に残り、魅力を感じさせます。

    また、まつげにマスカラを塗ったりするよりは断然自然に見えますし、「まつげエクステを1度付けると、3週間程度効果が持続できる」のも、忙しいビジネスマンや就活生にはポイントが高いようです。

  • 男性におすすめのマツエクデザインは?

    男性用のまつげエクステは、周りに気づかれないよう自然に見せるために、「短め」「細め」「艶消し」「カールなし」「ランダム」が五原則です。女性のような綺麗に揃ったまつげエクステにすると不自然に見えますので、男性対応のまつげエクステ専門店で自まつげのように仕上げてもらいましょう。

まつげエクステの本数は目の大きさにもよりますが、60〜80本程度がよいでしょう。まつげエクステは、専用接着剤で自まつげに1本ずつつけていきますが、まつげが生え変わるときにエクステも一緒にくっついたまま取れていきますので、エクステを多くつけると、その分長持ちします。逆にエクステの本数が少ないと早くなくなってしまうため、次のリペア期間が短くなります。仕上がりだけでなく、サロンに通う頻度によって、まつげエクステの本数を決めるとよいでしょう。

お手入れの注意点

まつげエクステを1日でも長く楽しむためには、気を付ける点がいくつかあります。まつげに人工毛を接着剤でつけていますので、接着剤の特性をよく理解して、ストレスを感じない程度に気をつけていきましょう。ほんのちょっとしたことで、エクステの持ちは大きく変わってきますので、ご参考になさってください。

*目をこすらない
*うつぶせで寝ない
*洗顔後など濡れっ放しにしない
*洗顔フォームは鉱物油や石油系界面活性剤不使用の泡洗顔が理想的

  • 盛り過ぎはNG

    男性がまつげエクステをする際に注意すべき点は、気づかれない程度のイメチェンです。

    まつげエクステの種類としては、太さは0.1ミリ以下、長さは6~8ミリ程度、カールはIカールもしくはJカールのようなカール感のないものが望ましいです。片目に30~40本程度つけると自然に目元が濃く見えるようになります。

自まつげの色素が薄めのかたには、ダークブラウンなどのカラーエクステにされるのもお勧めです。ダークブラウンと言っても、黒いまつげに黒い接着剤でつけていきますので、ほとんど茶色に見えることはありません。むしろ、色素が薄い方には黒いエクステよりよりしっくり馴染みます。

男性のまつげエクステの場合、女性用のそれとは異なるラインナップが必要となりますので、男性対応の専門店でお願いするのが間違いありません

人と接する男性に効果絶大なまつげパーマ

  • 男性用のまつげパーマは、エクステ同様、女性のようにしっかりまつげが上がったり、クルンとカールがついたりするものではありません。日本人の多くが逆まつげ、もしくは下がりまつげのため、まつげが目に影を落として、目が小さく見えたり、眠そうに見えたりすることがあります。

    まつげパーマでまつげにカールをつけずに自然に上向きにすると、目にまつげがかからず、目がハッキリと見えるようになります。目が大きく見えたり、表情が明るくなったり、覇気があるような印象になります。

まつげパーマをかけると、上がったまつげでまぶたが持ち上がるので、一重まぶたの方が二重まぶたになる場合もあります。まぶたが重いと目が鋭く見えてしまい、人相が悪くなってしまう方もいます。そのため、まつげパーマは、営業マンや経営者、接客業、就活生など、人と接する機会が多い男性から人気を集めています。

また、まつげパーマは上まつげだけではなく、下まつげにもかけられますので、下まつげが逆まつげの方や上向きに生えていて、目が小さく見えてしまう方にお勧めです。下まつげがしっかり下向きになると、目と口の距離も縮まって見えるため、小顔効果があり、若々しくハンサムに見えるようになります。

まつげを演出するには、エクステをつける方法もありますが、パーマの方がより自然です。まつげパーマは生活する上で注意することが少なく、手間がかからないのも大きなメリットです。自宅でのお手入れとしては、まつげ用の美容液を洗顔後に塗っておくと、まつげが太く丈夫になったり、乾燥を防げるので、まつげパーマが長持ちします。まつげパーマの効果は4~5週間程度ですので、まつげエクステよりはサロンに通う頻度も少なくてすみます。

  • まつげパーマに向いているのは?

    まつげエクステとまつげパーマとでは、まつげにできることが違います。まつげに濃さが欲しいようでしたら、まつげパーマではなくまつげエクステをお勧めいたします。まつげパーマは自まつげを上げるのみで、長さや太さなどは変えられませんので、「まつげにボリュームは必要ないけど、下向きのまつげが気になる」という方に向いています。

また、まつげパーマはまつげエクステと違って、人工的な毛をつけるわけではありませんので、周りに絶対にバレたくない方にお勧めです。女性のまつげパーマのように、まつげの根元からくっきり上げたり、毛先にクルンとカールをつけたりせず、目にかからないよう自然に上向きになるようにかけると、まず周囲にはバレません。

目つきが悪いと言われたり、まぶたの肉厚が少ない人でしたら、かなり目ヂカラや顔の印象は変わります。目つきが悪く見えてしまう原因として、黒目の上部が上まぶたにかぶって目が細く見えてしまっていたり、下向きまつげが目にかかっていて、目が鋭く見えてしまっているからです。まつげが目にかからないだけでも明るい表情に見えます。

普段のお手入れを面倒に感じる方や初めてで不安な方も、まつげパーマなら入りやすく、効果もきちんと感じられるではないでしょうか。このくらいの自然な変化が程よいという方も多いでしょう。

  • まつげパーマを効果的にかけるポイントと注意点

    最近では、まつげパーマをかけてくれるメンズ対応のサロンが増えています。まつげパーマの料金は1回あたり平均5~6,000円で、1時間程度の施術時間で終わります。

基本的には、ロッドにまつげを巻きつけてパーマをかけていく施術法ですが、男性の場合、大きめのロッドを常備していたり、男性用の技法ができるサロンでないと、「毛先に丸みはいらないけど、目にかからないようにして欲しい」という細かいオーダー通りにはいかない可能生があります。

不安な場合は、予約の前にサロンに電話をして、施術内容やその時の対応などを確認してみるとよいでしょう。自分のまつげの量が少なかったり短かったりして、まつげパーマでは思ったような効果が得られなかった場合は、エクステを使ったボリュームアップを考えてもよいのではないでしょうか。

まつげパーマかまつげエクステかで迷っている場合は、カウンセリングで相談の上、決められるサロンがお勧めです。実際に、まつげやまぶたの状態を担当アイリストに見てもらって、両施術のメリットとデメリットを聞いて判断すると失敗がないでしょう。

飾り枠

メンズのまつげケアは目の印象を良くするので、相手からの好感度が高まり、ビジネスチャンスを手に入れられたり、プライベートでは恋活や婚活などに有利になる可能性が高まります。あくまでも、気づかれないくらいに、さりげなくかけるのがポイントです。

朝鏡を見たときに、まつげにパーマやエクステをしたことで、見慣れた顔が少しシュッとしていて、イケメン風になっている。それだけで自信が生まれませんか。男性でも上手にまつげエクステやまつげパーマを取り入れることで、目ヂカラや印象をアップさせることが可能です。ぜひ試してみてください。

料金

メンズ眉スタイリング

初回 Visitor V.I.P & Member
美眉スタイリング ¥7,000 ¥8,000 ¥7,000
美眉ティントスタイリング ¥8,000 ¥9,000 ¥8,000
美眉エクステ ¥9,000 ~ ¥10,000 ¥9,000 ~

(税別)

※アイリストのランクによって料金が異なりますので、ご予約時にご選択ください。
※VIP様およびメンバー様のご優待は、まつげと同時施術の時に適用となります。
※VIP様およびメンバー様は、早割5〜10%、4週割5〜10%、バースデイ割5〜10%オフのご優待がございます。

オプション

美眉ティント ¥1,000
美眉カット ¥1,000
美眉エクステ ¥2,000 ~
こめかみワックス ¥1,000 〜
美眉クレンジング ¥1,000
目元リフトアップ ¥3,000

(税別)

※上記オプションメニュー単独でのご予約は承っておりません。必ずまつげもしくは眉メニューに追加していただきますようお願いいたします。

メンズ用プラチナラッシュ

初回 Visitor Member
上60本 ¥6,000 ¥7,000 ¥6,000
上80本 ¥7,000 ¥8,000 ¥7,000
上100本 ¥8,000 ¥9,000 ¥8,000
下30本 ¥3,000 ¥4,000 ¥3,000
下40本 ¥4,000 ¥5,000 ¥4,000

(税別)

※アイリストのランクによって料金が異なりますので、ご予約時にご選択ください。
※メンバー様は5〜10%オフのご優待がございます。
※下まつげエクステは上まつげと同時施術のみ承っています。

逆まつげ矯正&エクステ

初回 Member & Visitor
上まつげ ¥2,000 ¥3,000
下まつげ ¥2,000 ¥3,000
上下 ¥4,000 ¥5,000
片目(上下のどちらか) ¥2,000 ¥2,000

(税別)

※まつげパーマをかけずにまつげを持ち上げながらエクステを装着していくオリジナル技法です。
※エクステ料金は含まれません。

こちらのミスで、ビジターのパーマ料金の修正をお願いいたします。

メンズまつげカール

初回 Visitor Member
上下 ¥10,000 ¥11,000 ¥10,000
¥7,000 ¥8,000 ¥7,000
¥7,000 ¥8,000 ¥7,000
他店かけ直し ¥1,000 ~3,000 ¥3,000 ¥3,000

(税別)

※アイリストのランクによって料金が異なりますので、ご予約時にご選択ください。
※メンバー様は5~10%オフのご優待がございます。

Q&A まつげカールが初めての方へ »

サロンケア

初回 Visitor Member
ディープクレンジング ¥1,000
プロテクトケア ¥1,000
ダメージケア ¥2,000
エイジレスケア ¥2,000
水素&ケイ素ケア ¥2,000
スペシャルケア ¥6,000
コラーゲンコーティング ¥1,000

(税別)

※メンバー様はトリートメントのご優待がございます。

初回限定クーポンはこちら
  • まつげエクステ
  • まつげカール
  • 眉スタイリング
  • ブライダルメニュー
  • まつげと眉のサロンケア

ご予約

口コミを見る

採用情報

選べるAntosクオリティ

  • まつげの写真集
  • 施術の流れ
  • スクールサイト
  • オーナーブログ
コンテンツ
  • 施術ポリシー
  • サロン情報
  • メンバーシップ会員特典
  • ギャラリー
  • サロンオーナー挨拶

PAGE TOP