まつげ&眉のリアップ

エクステやカールを「長持ちさせたい」、まつげを「長くしたい」「増やしたい」、「まぶたをリフトUPさせたい」、「眉周りのもたつきををスッキリさせたい」などのお悩み解決に。
ご自宅でもまつげ美容液やクレンジング剤などでのお手入れのしかたを変えていただくだけで、まつげやまぶたの状態はグンとよくなります。

飾り枠

プロユースのまつげ&眉ドック メニュー

  • ディープクレンジング ¥1,000

    まつげと目元の皮膚を清潔に保ちたい方に

    まつげと目元の皮膚は想像以上に汚れています。まつげが少なくなったり、細くなったり、短くなったりする原因は毛穴詰まりであることが多いです。2種類のクレンジング剤を使用して、まつげのキューティクルや毛穴に入り込んだ、皮脂やタンパク質、メイク汚れなどを徹底除去。施術前後の様子をマイクロスコープで確認していただけます。サロントリートメントケアやご自宅でのまつげ美容液がさらに効果的になります。

眉クレンジング ¥1,000

眉の角質を落として滑らかに描きたい方に

眉は意識して洗う方が少ないため、意外に角質が溜まっている場所です。特に、普段眉メイクをされない方は、クレンジングを使用せず、洗顔料もしくは水だけで洗顔をされている場合があり、角質が溜まっていることが多いです。角質がたまると、眉の中や周辺が乾燥したり、眉の生え癖が強くなったりして、パウダーがうまく乗らなかったり、眉ペンシルが引っかかるようになります。機密性の高い泡で角質や汚れを優しく落として、眉スタイリングをしやすくする眉クレンジングです。

  • プロテクトケア ¥1,000

    エクステやカールの持ちをよくしたい方に

    ビューラーやマスカラ、クレンジングをはじめ、まつげエクステやまつげパーマによって、開いてしまったキューティクルを修復し、まつげの主成分ケラチンを増殖します。まつげエクステは接着剤とエクステの接着面を滑らかにし、まつげパーマは薬剤によるキューティクルの損傷を修復するため、持ちが良くなります。また、まつげのハリやコシを出し、強くしたい方にもおすすめです。ヒトオリゴペプチド5.11.13.16.21、加水分解ケラチン、加水分解シルク配合です。

ダメージケア ¥2,000

まつげを増やしたい方に

まつげのピークは20歳などと言われていますが、加齢と共に、徐々に、まつげが少なく、細く、短くなっていきます。まつげのダメージを毛根から回復させ、本来の正しい毛周期に戻し、まつげが健康的に生育できる環境を整えます。最近、「まつげが減ってきた」「伸びるのが遅い」などを感じる方におすすめです。ヒトオリゴペプチド5.11.13.16、アセチルデカペプチド3.16配合です。

エイジレスケア ¥2,000

皮膚のリフトアップ&まつげを伸ばしたい方に

まつげの毛根と皮膚の老化を防ぎ、目元のリフトアップを促します。加齢と共に短くなる成長期を延長し、休止期の短縮を行い、長く密度の高いまつげに育てる効果が期待できます。また、まつげが抜けにくくなりますので、エクステやパーマを施した状態が長く楽しめます。アセチルテトラペプチド3、アカツメクサ花エキス、希少なりんご果実培養細胞エキス配合です。

水素&ケイ素ケア ¥2,000

目元全体を若々しく底上げしたい方

水素とケイ素のコンビで、まつげと目元の老化の原因になる活性酸素を徹底的に除去。活性酸素の放置はまつげの弱り、目元のくすみ・たるみ・しみ・むくみやすさなどの原因になります。また、ケイ素は肌のハリや透明感をはじめ、まつげを艶やかに育むため、「美のミネラル」ともいわれます。その場で作る高密度水素を、まつげと目元皮膚へ直接吸収させ、その後のトリートメント効果を最大限に発揮させることができます。

スペシャルケア ¥6,000

常によい状態をキープしたい方に

まつげと目元の皮膚全般に、外側からも内側からもアプローチできる画期的な総合ケアです。まつげの毛周期は約3ヶ月と短いため、今調子がよくてもある日突然不調になるのが特徴です。まつげの不調は白目の汚れやまぶたのたるみにつながります。常にトラブルなしの若々しい目元でいたい方におすすめです。

ジェルリフト ¥3,000

眉やまぶたのたるみが気になる方に

眼窩付近にはセルライトがつきやすく、加齢と共に眉周りが波打ったり、まぶたがたるんできたりします。額のシワがうっすら見られるようになったら、まぶたの下垂が始まっているサインです。「肌のコルセット」と言われるジェルリフトで、眉やまぶたを元の位置に戻し、そのままキープしていきましょう。

  • 撥水コーティング 
    ¥1,000/上下 ¥500/上or下

    エクステの持ちをよくしたい方に

    まつげエクステは「水」「油」「衝撃」の3つに弱いのが特徴です。24時間以内にこの3つに触れないようコーティングすることで、1週間程度持ちが違ってきます。また、接着剤から発生するホルムアルデヒドの発生も抑えられますので、アレルギー対策にもなります。

コラーゲンコーティング ¥1,000

まつげカールの持ちをよくしたい方に

トリートトメント成分が飛ばないよう分子の小さなコラーゲンでまつげと目元の皮膚を覆います。保湿効果抜群で、まつげカール特有のまつげの硬化を防ぎ、柔らかく保ちます。施術後24時間乾燥からまつげを守るヒアルロン酸、目元のくすみを改善するクダモノトケイソウ果実エキス配合です。

まつげのクレンジングはなぜ必要なの?

  • まつげとその根本は想像以上に汚れています。まつげエクステが根本から浮いてしまったり、ばらつきが出てしまったり、まつげパーマが早く下がってきてしまったりするのは、汚れが原因かもしれません。普段、アイメイクをされている方が汚れが落とし切れていない場合は、クレンジング剤やクレンジングの方法をかえたりされると、エクステやパーマの持ちがよくなります。アイメイクをされない方は、クレンジング剤を使用せず、洗顔のみの場合がありますが、アイメイクの汚れではなく、硬くなってしまった角質や粘土質の皮脂がこびりついているケースがあります。

まつげとその根本の汚れを落とし切ることは、エクステやパーマの持ちをよくするだけでなく、健康なまつげが十分に生育できる環境を作るために非常に重要です。特に、加齢とともにまぶたがたるみ、まつげの根元が皮膚で隠れてしまっている方は、1日に1回は根元を綺麗にクリーニングされると、加齢以上のスピードでまつげが細くなったり、少なくなったりすることを防げます。「まつげ美容液などでお手入れはしっかりしているけど、あまり効果が上がっていない」と思われる方は、クリーニング不足かもしれません。

まつげが細く、少なくなってくると、まぶたのたるみも早くなってしまいます。まぶたがたるむとさらにまつげの根元を圧迫して、生え癖が強くなり、まつげがあちこち向くようになれば、まつげ同士が瞬きのたびにぶつかり合って、さらに本数を減らしてしまう原因を作り、負のスパイラルにはまっていきます。

まつげの役割は目にゴミが入らないようにすることだけでなく、自分を美しく見せてくれるためのアイメイクの大きなポイントでもあります。1日がんばってくれたまつげに感謝の気持ちを込めて、綺麗にお掃除をしてあげることで、まつげを減らさず、ずっとまつげのおしゃれを楽しむことができるのです。

効果的な自宅でのクレンジングケア

  • まつげや肌に優しい成分のクレンジング剤を使用する方が、まつげエクステやまつげパーマの持ちがよくなります。また、眉ティントをされた方も同様です。鉱物油や石油系界面活性剤を使用せず、アルコールや着色料、香料などが添加されていない物を選ぶようにしましょう。まつげエクステやまつげパーマの施術を行ったまつげには、鉱物油や石油系界面活性剤を使用したクレンジング剤は相性がよくありません。オイルやクリーム、ミルククレンジングなどがこれに当たります。

また、ジェルクレンジングのような重いものは、エクステやパーマのカール感を早く緩ませてしまうので、注意しましょう。特に暖かくなるジェルの場合は、緩みが大きくなる可能性がありますので、目元以外で使用するようにした方がいいかもしれません。さらに、水クレンジングやポイントメイク落としのように、コットンにクレンジング剤を取って使用するものは、まつげに衝撃を与えますので、エクステやパーマには向きません。

まつげエクステやまつげパーマを施したまつげには、無鉱物油および石油系界面活性剤不使用のまつげに負担が最も少ない泡タイプがお勧めです。泡タイプのクレンジングはゴシゴシこすらずに汚れが落とせますので、まつげエクステやまつげパーマに大敵の衝撃を防ぐことができます。

目元のクレンジングは、汚れをこすって落とすのではなく、浮かせて落とすのが鉄則です。まつげエクステやパーマを綺麗に維持できるだけでなく、目元のくすみやたるみの原因を作らずにすみます。美肌をキープするもっとも重要なことは、肌を清潔に保つことですので、ご参考になさってください。

まつげ美容液について

  • まつげ美容液は「成分」で選ぶことをお勧めいたします。「伸ばしたい」「増やしたい」などの方には、ヒトオリゴペプチドやアセチルデカペプチドなどが入っているもの を、「保湿を強化させたい」などの方にはパンテノールやコラーゲンなどが配合されているもの がお勧めです。
  • また、まつげ美容液は、大きく分けて、「ブラシタイプ」「フロッキーチップタイプ」「筆タイプ」の3つのアプリケーターで作られています。ブラシタイプのものは、コラーゲンなどのとろみのある成分を使用していることが多く、主に保湿効果が期待できるまつげ美容液となります。まつげパーマをかけるとまつげが硬く、乾燥しがちになりますので、常に潤いを与え、美しいカール感をキープしていくために「ブラシタイプ」でコラーゲンなどが配合されているまつげ美容液を使用されるとよいでしょう。

    また、まつげエクステをされている方のまつげ美容液は、シングルラッシュ(1本のまつげに1本のエクステをつける技法)でしたら、どのアプリケーターの美容液でも構いませんが、ボリュームラッシュ(1本のまつげに複数本の超極細のエクステをつける技法)の場合、とろみのあるまつげ美容液だとファンが閉じてしまう可能性がありますので、筆タイプのものを選ぶことをお勧めいたします。

    筆タイプのまつげ美容液はサラサラのテクスチャーであることが多いですが、育毛に特化しているだけでなく、有効成分をまつげの根元に吸収させやすく作られています。ボリュームラッシュはシングルラッシュに比べて、まつげの根元に負担がかかりにくいので、「減ってしまったまつげを復活させたい」「まつげを減らしたくない」「まつげに負担をかけることなくまつげがたくさんあるように見せたい」という方向けのエクステですが、さらに育毛効果が高い筆タイプのまつげ美容液でケアをされることをお勧めいたします。

    まつげ美容液の使用方法は、朝晩の洗顔後、化粧水の前にまつげの根元に塗布してください。「フロッキーチップ」および「筆タイプ」はまつげの根元に、「ブラシタイプ」はまつげ全体に塗るようにしましょう。まつげ美容液の使用期限は開封後、約2ヶ月程度です。まつげや根元皮膚に直接アプリケーターを接触させ、また容器に戻すという使用方法になりますので、容器内で雑菌が繁殖しやすくなっています。古いまつげ美容液を使い続けると、目やにが出るなどのトラブルになりやすいだけでなく、雑菌によって美容液効果がなくなっていますので、2ヶ月に1度は新しいまつげ美容液に取り替え、常に目元を清潔に保つよう心がけるようにしましょう。

  • まつげエクステ
  • まつげカール
  • ブライダルメニュー

ご予約

口コミを見る

採用情報

選べるAntosクオリティ

  • まつげの写真集
  • 施術の流れ
  • スクールサイト
  • オーナーブログ
コンテンツ
  • 施術ポリシー
  • サロン情報
  • メンバーシップ会員特典
  • ギャラリー
  • サロンオーナー挨拶

PAGE TOP