まつげが少ない すきまあり

まつげが少ない すきまあり
「まつげが少ないため、まつげエクステをつけても物足りない」
「まつげが細いため、エクステンションがたくさん付けれず、隙間ができてしまう」
「まつげの生え癖が強く、エクステンションをつけると、バラバラした感じになる」
そんなお悩みはありませんか。

まつげの量や生え方についてお悩みの方は、年齢が上がるに連れて増えてきます。
まつげが少ないのをカバーするために、太いエクステンションをつけたり、
生えたての細いまつげに無理に長いエクステンションを入れていくと、
本来の加齢以上のスピードでまつげが減っていきます。

アントスでは、「ボリュームラッシュ」で、まつげの毛量や生え癖のお悩みを解決しています。
柔らかくて軽い仕上がり、ふわふわなボリューム感が人気のボリュームラッシュ ですが、
通常のエクステンションと何が違うのでしょうか。
シングルラッシュ(まつげ1本に1本のエクステンションをつける従来の技法)との比較や特徴、
気になるメリット・デメリットなど、いつも美しく、自信を持てる目元づくりのために、
ボリュームラッシュについてアントスがご紹介いたします。

飾り枠

ボリュームラッシュとは

自まつげよりも細い0.05~0.07ミリの超極細なエクステで2~6本のファン(扇型の毛束)をつくり、1本の自まつげに乗せていく技法です。毛先は軽くてふさふさ、根元が濃密なので、少ない自まつげでも、自然にボリュームアップさせることが可能です。

今までまつげが少なく、エクステンションを付けても思うようなボリュームのある仕上がりにならなかった方にお勧めです。ボリュームラッシュは300本以上の装着が通常の本数となるケースが多いため、本数に対して多過ぎると感じたり、不安に思われたりするかもしれません。ですが、とても軽いつけ心地で、持ちもよいため、若い女性だけではなく、30~70代の幅広い大人の女性から支持されています。また、仕上がりが自然なために、まつげエクステがNGのお仕事をされている方にも人気があります。

シングルラッシュとの違い

ボリュームラッシュ は、一般的なシングルラッシュと比べて、どのような違いがあるのでしょうか。

シングルラッシュ

1本のまつげにエクステを1本ずつ装着させるので、「自分のまつげの本数=装着できるエクステの本数」となり、装着できるエクステンションの本数には限界があります。
「この隙間を埋めたい」「もう少しボリュームが欲しい」という方には、エクステンションを太いものにしてカバーしたり、毎日まつげ美容液を塗って、まつげの本数を増やしたり太くしたり、という方法しかありませんでした。

ボリュームラッシュ

自まつげ1本に対して、超極細(0.05・0.06・0.07mm)のエクステンションを2~6本使用してファン(扇型の毛束)を作り、まつげに接着させていきます。自分のまつげの本数×2倍、3倍・・・と、たくさんのエクステンションの装着が可能となるため、まつげの隙間が埋まり、ボリューム感のあるデザインが可能になります。毛先が繊細なので、「自まつげが豊かな人」という印象に仕上げることができます。

 

ボリュームラッシュのメリットは?

[1]自然にボリュームが出せる

超極細のエクステンションで、自まつげの状態に合わせたファン(扇状の毛束)を作りながら装着していきますので、シングルラッシュに比べて、自然にボリュームアップさせることができます。

[2]持続性が高い

ファン(扇状の毛束)の根元が自まつげの広い範囲で絡むように接着するため、シングルラッシュに比べて持ちがよくなる方が多いです。また、エクステンションが取れて行くときも自然ですので、ストレスを感じにくくなったというお声を頂戴しています。

[3]隙間を埋めることができる

まつげが少なかったり、細かったり、「これ以上はボリュームアップできない」と言われていた方も、フサフサのまつげを手に入れることができます。また、まつげの一部が欠損している場合も、ファン(扇状の毛束)で隙間を埋めることが可能です。

[4]軽量で柔らかい仕上がりとつけ心地の軽さ

ボリュームラッシュは一般的なシングルラッシュと比べて、接着する部分が極小となりますので、まつげが硬くならず、驚くほど軽いつけ心地です。シングルラッシュに比べて、エクステンションの本数が大幅にアップするのに、目が軽く感じるため、リピーターが続出しています。

[5]短時間で多くのエクステンションをつけることができる

ボリュームラッシュは1本のまつげに複数本のエクステンションを装着していきますので、シングルラッシュに比べて、短時間で施術が終わります。長時間ベッドに寝ているのが辛い方や忙しくて施術時間を少しでも早く終わらせたいという方に人気があります。

[6]接着剤の使用量が少ない

ボリュームラッシュは、接着剤の使用量がシングルラッシュに比べて少なくてすみますので、アレルギーを心配される方や妊娠されていたり、授乳期の方にお勧めです。

 

ボリュームラッシュのデメリットは?

[1]サロンによって技法や技術力が違う

ボリュームラッシュは、技術者の手によって、ファンを作ってまつげに付けてを繰り返していく技法ですので、技術者の熟練度によって仕上がりが違います。お店によっても技法や技術力が異なる場合が多いですので、サロン選びは慎重に行いましょう。

[3]高度な技術が必要

正しい知識と専門の技術の両方が必要な施術となります。これらがない場合、ボリュームラッシュが外れると一気に少なく感じたり、自まつげへの負担が大きくなって抜けてしまうというリスクもでてきます。

[2]価格が高い

シングルラッシュと比較すると、エクステンションの本数を多く使用するだけでなく、施術者の技術力が必要おtなりますので、値段が高くなります。

どんな方に向いているの?

ボリュームラッシュに向いている方

・これまでのエクステでは物足りない
・まつげの隙間を埋めて密集感が欲しい
・自まつげが細く弱くエクステがたくさん付けれない
・ふわふわな軽い着け心地にしたい
・ナチュラルなボリューム感がほしい
・負担の少ないエクステを付けたい
・まつげを育てたい
・持続性を良くしたい
・流行に敏感である
・周りの人と差を付けたい
・同性からも褒められたい
・自信をもってスッピンになりたい

向いていない方

・︎一本一本が太いエクステを付けたい
・︎少しでも早く施術を終わらせたい
・妊婦の方
・︎高い金額を払うのが厳しい

初めてボリュームラッシュにトライするときのコツ

デザイン

デザインの決め方はシングルラッシュと同様です。いつもつけているデザインをそのまま伝えれば問題ありません。
まつげエクステ自体が初めての方は、写真を見せたり、イメージを伝えて、担当者に相談しましょう。
「こうしたい」だけでなく、「こうなるのは嫌」と伝えるのも、ボリュームラッシュが初めての方でもイメージ通りの仕上がりになるコツです。

本数

シングルラッシュ100本は1本のまつげに1本のエクステンションをつけていきますが、(ここから)ボリュームラッシュの場合、100束なら約300本くらいの仕上がりになります。
極細のエクステを束にしているため本数は3倍ほどになりますが見た目のボリューム感が3倍になることはありません。
また、ボリュームラッシュの場合自まつげの状態でfanの本数を変えていきますので本数の断言ができません。
ボリュームラッシュは付ける束数でかなり見え方が変わってきます。
いつもよりボリュームが欲しい、いつもと同じくらいがいいなど、必ず伝えてからつけてもらうようにしましょう。
心配であれば途中で一度見せてもらうのもオススメです。シングルよりお値段も高くなっていますので、後悔しないためにもアイリストとしっかりお話してから施術に入ってもらうのがいいと思います

ボリュームラッシュの付け方

自まつげ1本に対して、エクステを2〜3本付ける方法と、自まつげ1本に対して、3本で1束になっているエクステを付ける方法があります。

自まつげ1本に対して、エクステを2〜3本付ける方法

カウンセリングでお伺いしたご希望のデザインに合わせ、自まつげの太さを確認しながら0.07〜0.25mmまでの違う太さを組み合わせてデザインしていくことが可能になります。大体200本〜の表記が多いメニューです。細いエクステをたくさん付けると、軽やかで可憐な目元に仕上がりますし、自まつげ次第で太めのものを付けることが可能でしたら、付けまつげのようなボリューム感のある目元に仕上がることが可能となります。1の技法については、よりオリジナル性、デザイン力高く付けることが可能となるわけです。

自まつげ1本に対して、3本で1束になっているエクステを付ける方法

元々3本から多いもので10本以上の束になっているエクステを付けていきます。大体300本〜の表記が多いメニューです。こちらの束のエクステは、1本が約0.07mmというとても細い毛で作られているため、束とはいってもとても軽い素材となっており、自まつげに極力負担をかけないような素材となっております。羽のように軽い、という表現をされるほどですので、仕上がりもとても軽く細い毛が沢山つくイメージで、可憐な仕上がりとなります。ナチュラルだけど毛量が多いイメージ(自まつげが沢山増えたような)での仕上がりです。とても人気の高いメニューにはなりますが、まつげにマスカラを塗るようなイメージのボリューム感の欲しい方には物足りないかもしれません。

まつげエクステはとても細かく繊細でデザイン力も必要な技術なので、知識のないアイリストが施術を行うとまつげの負担が増えるなどのリスクが生じます。スクールや研修でしっかりと高度な技術を習得したアントスのアイリストにお任せください。

  • まつげエクステ
  • まつげカール
  • ブライダルメニュー

ご予約

口コミを見る

採用情報

選べるAntosクオリティ

  • まつげの写真集
  • 施術の流れ
  • スクールサイト
  • オーナーブログ
コンテンツ
  • 施術ポリシー
  • サロン情報
  • メンバーシップ会員特典
  • ギャラリー
  • サロンオーナー挨拶

PAGE TOP